いつも更新ができずに申し訳ありません。

今回は当院の処置でもかなり多い乳歯の遺残についてです。

...

乳歯遺残とは、正常な永久歯が生えてきている時期にも関わらず乳歯が抜けずに残ってしまっている状態です。
永久歯の歯並びがおかしくなったり、本来はない歯間の狭さの影響で歯垢歯石がたまり早期に歯周病になっていくことなどが問題となります

小型犬での発生が特に多く、猫でも見かけることのある病気です。当院に来る小型犬の子犬の半数以上にみられるほど多い異常です

ほとんどが生後6ヶ月頃の避妊去勢手術の時点で抜歯処置をすることが多いですが、手術を受けていなかったり、乳歯があることを見逃されてしまったりすると成犬成猫になった後に発見されるケースも多くあります

実際、永久歯と乳歯を見分けることが難しいため写真を参考に、皆さんもおうちのワンちゃんネコちゃんのお口をチェックしてみてくださいね!!